●注意事項

1. ピコトーニング治療について
● 当クリニックではFotona社の『PQX Pico Laser』を導入しております。ピコレーザーを照射し、シミ・肝斑・そばかす・色素沈着等の症状を改善する効果が期待できます。
● ピコトーニングは、お顔全体にレーザーを低出力で照射することによりその衝撃波でメラニン色素を細かく粉砕し、メラニン色素を少しずつ減らしていく治療法です。
シミが取れるわけではなく、肌の色調を改善する治療です。
● レーザーを照射した途端に、症状が消えるわけではありません。またレーザー治療は症状を完全に改善する治療ではなく、薄くして目立たなくする治療であることをご理解ください。
● 低出力のレーザー照射で少しずつ治療を進めていく必要があるので、複数回の治療が必要となります。1ヵ月に1度の頻度で施術を行うことで数回の治療後から効果が現れることが多く、治療ごとに少しずつ肌の色調が改善していきます。かさぶたが出来ないため、ダウンタイムが無く徐々に症状を改善させていくことができます。
● 治療効果には個人差があります。

2. 治療を受けられない・注意が必要な場合について
【 治療を受けられない方 】
□金製剤の使用歴のある方(シオゾール・グレリース・リザスト・リドーラ等) 
□光感受性の強い方・光感受性を増強させる薬剤を内服・外用されている方    
□前癌病変・悪性腫瘍またはその疑いのある方
□治療部位に悪性腫瘍の既往歴のある方
□抗凝固剤、抗血小板薬、血管拡張剤を服用している方
□妊娠中の方
□てんかん発作の既往歴のある方
□皮膚病変のある方(切り傷・炎症・化膿等)
□糖尿病、膠原病、出血性疾患のある方
□ケロイド体質の方
□治療部位に金の糸、プロテーゼを入れている方
□照射部位にアートメイクを入れている方

【 注意が必要な方 】
□心臓病、高血圧、ペースメーカー使用中の方
□ホルモン補充療法を行っている方
□経口避妊薬を服用している方
□アトピー性皮膚炎、アレルギー体質の方
□日焼けをしている方
□授乳中の方
□単純ヘルペスの既往歴のある方

3. 副作用について
レーザー後に赤み、毛の脱色、一時的なニキビ発生、皮疹の発生、色素脱失、炎症後色素沈着などの副作用を起こす可能性があります。肝斑が増悪した場合など、状態によっては治療を一時中断する場合があります。
※炎症後色素沈着は徐々に改善してくることが多いですが、稀に残ってしまう場合もあります。

4.施術についての注意事項
【 施術前 】
◇お顔の毛は、施術前日または当日来院前にツルツルに剃毛してからご来院ください。
 皮膚の状態や、剃毛不良により施術を受けて頂けない場合があります。
◇当日はお化粧をせずにご来院ください。
◇施術前にはメイクの有無に関わらず1度洗顔をしていただきます。
◇過度の日焼けを避けてください。
◇強いピーリング、トレチノイン等の強い角質剥離作用のある治療は中止しておいてください。
(施術日の1ヶ月前から)

【 施術後 】
◇色素沈着を生じる場合がありますので、日焼け止め等を使用し十分な紫外線対策を行ってください。
◇洗顔時は肌を強く擦らないに様にご注意ください。スクラブ洗顔料などは使用しないでください。
◇メイク・スキンケア時に肌を強く擦ったり、たたくなどのマッサージはお控えください。
◇保湿を十分におこなってください。
◇メイクは当日より可能です。

【 その他 】
◇施術者は指名制ではありません。施術中に施術者が交代する場合がありますが、ご了承ください。
◇ピコトーニングの予約はお電話もしくは受付スタッフまでお申し付けください。
 (WEBでの予約は行なっておりません。)
◇予約キャンセルのご連絡は前日までにお願いします。
◇この治療に関してご不明な点は、医師とご相談ください。
◇本同意書のサイン後でも、施術を開始する前であれば同意を撤回することができます。

■ピコトーニング前の撮影について

ピコトーニングの施術を行う方は、初回と以降一定期間ごとに、お顔の撮影を行います。
特別なシミ診断装置を使うことによって、まだ表面に出てきていないシミや、肝斑の様子なども知ることができます。
撮影時、化粧品残りや皮脂、洗顔後に拭き取った際のタオルの繊維なども撮影の妨げとなるため、お手数ですが施術前にクレンジング、洗顔を行っていただきます。
可能であれば、ノーメイク、またはお化粧を落としやすいメイクでお越しいただければ幸いです。
また、混雑の状況によってはお化粧直しの際、メイクルームがお使いいただけない場合がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。